ピックアップ
(2)技術面_①新製品・新技術・新サービスの革新的な開発とは?

※この記事は平成30年補正(2019年実施分)の記事です。

最新版(2020年実施分)はコチラを参照ください

この審査項目は、ものづくり補助金の核心をつく審査論点となります。

特に「革新的」とは何を指しているのか、という点について理解しておく必要があります。

以下が審査項目です。

新製品・新技術・新サービス(既存技術の転用や隠れた価値の発掘(設計・デザイン、アイディアの活用等を含む))の革新的な開発となっているか。

 

何故、核心をついた審査論点かというと、そもそもこの審査論点を満すテーマのみがものづくり補助金の主旨に沿った事業計画になり得るためです。極端な言い方をすると、これ以外の技術面での審査論点はその枝葉と考えていただいて結構です。

さて、公募要領を確認すると【革新的サービス】と【ものづくり技術】では、続いて以下のように補足されています。

平成30年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」公募要領33Pより抜粋

 

「3~5年計画で「付加価値額」年率3%及び「経常利益率」年率1%の向上を達成する取組であるか」については、解説を革新的サービスの基本②「付加価値」年率3%「経常利益」年率1%の計画とはに記載しましたのでこちらをご覧ください。

さて本文ですが、イマイチ理解しにくい文章ですよね。

おそらくその理由は以下の2つです。

  1. ()カッコ書きが2つ存在しており複雑にみえる
  2. そもそも単語の意味が解らない

先ず前者ですが、この文章には大カッコの中にもうひとつ中カッコがあり体系化されています。複数のカッコで整理されていることで複雑に見えます。

後者については、「革新的な開発」や、カッコ内にある「既存技術の転用」「隠れた価値」とは何なのか、また「アイデアの活用等」「等」とはいったいどこまでの範囲のことを言っているのか、明確な理解が出来そうにありません。

この審査ポイントをどう捉えておけばよいのでしょうか?

先ずは()カッコを無視して概略を捉える

上述のとおり、この審査項目は一見複雑です。

こういった文章を読み解くコツとして、いきなり深読みするのではなく、先ずは()カッコ内を無視して考えることです。そのほうが理解しやすくなります。

例えば()カッコを無視するとこうです。

 

「新製品・新技術・新サービスの革新的な開発となっているか」

 

どうでしょう?いきなり深読みするよりは、多少は簡単に見えませんか?

ただ、やはりこのままでは明確に意味は解りませんよね。

そこで、先ずはこの文章中に存在する単語である「新製品・新技術・新サービス」と「革新的な開発」の関係を、事業の全体像を図示しながら説明してみたいと思います。

 

新製品・新技術・新サービスについては、ここでは「理想の姿」とまとめています。

そして「革新的な」と「開発」はこのように分解しています。

「革新的な開発」を素直に解釈すれば「開発自体(の手法や手順)が革新的である」と捉えることができます。

設備導入は手段、それ自体に革新性がある訳ではない

しかし、ものづくり補助金は「手段としての」設備導入で新たなサービスや製品を開発する主旨の補助金です。

よって「理想の姿」である「新製品・新技術・新サービス」自体に革新性があるかどうかが論点、と考えるほうが妥当でしょう。

つまり、「革新的な開発」とは、

「革新的」である理想の姿に向かって「開発」を行う

という理解で良いと思います。

課題を把握し、具体的な解決策に落とし込む

全体の構図に話を戻します。

先ず新事業には「理想の姿」があるはずで、それに対して「現状」が存在します。この「理想の姿」と「現状」とのギャップが「問題」です。
「問題」は状態そのものを指しているので、それを克服する必要があります。これに対応するのが「課題」(こうするべき、こうあるべき)です。

そして、課題を克服して理想の姿を目指すための具体的な行動が「解決策」となります。

※この「課題」や「解決策」は、後に続く技術面②及びの審査論点にそのまま関連するので、先ずはこの構造を理解しておくことが重要かと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう